「Confirmations Left」て何だ? ~マイニング目線で見るブロックチェーン~

SlushPoolのダッシュボード上「Reward History」の最後の項目「Confirmations Left」

ずっと気になっていました。

なんだろーって。

「Confirmations」は「確認・承認」のことです。

とにかく、この「Confirmations Left」が「100」に達しないと報酬が確定しません。

お金にかかわることだから、誰かが何かの確認作業をしているのだろう。

くらいの認識です。

深いことは気にせず「100」になるまで待っていれば良いのですが、

やっぱ気になるー。

自分なりに調べて理解してみました。

「Confirmations Left」とはうしろに連なるブロックの数だった。

マイニングとは約10分ごとに新しく生成されるブロックを発見しルールに定められた計算を一番に完了することです。

一番になった報酬として新規に発行されたビットコイン(現在は12.5BTC)がもらえます。

発見したブロックはブロックチェーンの一部ですから、約10分前に生成されたひとつ前のブロックの後ろにくっついています。

その後も約10分ごとに新しいブロックが生成され、発見したブロックの後ろにくっついて連なっていきます。

生成された各ブロックチェーン状に連なるのでブロックチェーンです。

自分が発見したブロックのうしろに新たなブロックが100ブロック連なることで、正式なブロックとして認められ報酬が確定します。

ということで「Confirmationsn Left」の数はうしろに連なるブロックの数のことでした。

10分ごとに1ブロックが生成されると考えると100ブロック生成される所要時間は1000分。

ブロック発見から報酬確定までにかかる所要時間は約16~17時間ですね。

結構長い・・・。

以下の画像はSlushPoolのBlock History(ブロック発見の履歴)です。

中央あたりに「Block #」としてブロック番号が青文字で表示されています。

例えばブロック番号「515151」の「Confirm Left」は残り「15」、「515138」は残り「2」となっています。

次の画像は同じタイミングで確認したBTC.com提供の全ブロック最新履歴です。

左側に「Height」としてブロック番号が表示されています。

一番新しく生成されたブロックのブロック番号は「515236」となっています。

ブロック番号「515151」からだと85ブロック目となり、100ブロックまで残り「15」です。

「515138」からだと98ブロック目となり、100ブロックまで残り「2」です。

SlushPoolの「Confirm Left」の数とバッチリ合います。

そういうことです。