「ANTMINER S9」が無事に到着しました。

先日、ANTMINER S9が出荷されたらしいという記事を書きました。

待ちに待ったメールがようやく届きました。 オーダーしていたマイニングマシンの出荷をお知らせするメールです。 ...

それから2日後、無事に到着しました。

中国さん、優秀じゃないですか!

梱包状態は大陸から来たとは思えないくらいキレイです。

早速「開封の儀」を執り行いました。

緩衝材にしっかりとガードされていました。

さすが高額商品。安心しました。

メカですよ、メカ。

大好物です。

シルバーに輝くボディはアルミ製です。

かなり熱を持つようなので放熱性を考えた素材ですね。

内容は本体と「General Information」と書かれたA4サイズの紙1枚のみという驚きのシンプルさ。

取扱説明書はBITMAINのウェブサイト上にアップされているので「それを読め!」ということです。

一般電化製品ではない特殊用途機器なのでそんなものでしょう。

わからない人は手を出すなということですね。

望むところ。

上部から見るとPCIE電源コネクタが10カ所あります。

1か所がコントローラ用電源、残る9カ所は3枚のハッシュボードに振り分けられています。

正面から見るとLANのコネクタ、SDカードスロット、各インジケータランプが並んでいます。

このANTMINER S9、このままでは動きません。

はい、電源が必要です。

到着に合わせて、電源その他もろもろをAmazonで購入しました。

購入したのは

1. ATX電源:SilverStone SST-ST1300-TI 1300W 80PLUS TITANIUM

2. ATX用電源スイッチ

3. PCI-E6ピンへの変換コネクタ

4. ワットチェッカー

   

これからドキドキのセットアップです。

接続方法はいたってシンプルですが、初めてのASICなのでちゃんと出来るか心配です。

なんせ高額商品、凡ミスで壊してしまったら泣くに泣けません。

続きます。