ANTMINER E3、世界初のイーサリアムASIC!でも・・・

昨日、BITMAINからANTMINER E3がリリースされました。

イーサリアムのアルゴリズム「Ethash(イーサッシュ)」をマイニングする世界初のASICです。

スペックと報酬

アルゴリズム:Ethash(イーサッシュ)

ハッシュレート:180MH/s

消費電力:800W

この記事を書いている2018年4月4日現在の報酬試算は以下の通りです。

画像左側の赤枠はETH建ての報酬で、右側の赤枠はランニングコスト(電気代)を差し引いてUSドルに換算した報酬額です。

1日の報酬:3.64ドル

1か月の報酬:109.7ドル

そんなにインパクトのある額ではないです。

しかし、GPUによるマイニングがメインだったこれまでと比べるとかなり効率が良いようです。

報酬額はANTMINER L3+と似たような感じですね。

イーサリアム側は快く思っていないようだ

イーサリアム開発者側とGPUマイナー達はASICの登場を快く思っていないようです。

対抗策としてのハードフォークも検討されているようです。

どういう内容かわかりませんがハードフォークされるとしたらANTMINER E3ではイーサリアムは掘れなくするのでしょうね。

そうなると「ANTMINER E3がただの鉄くずになっちゃう!」と思ってしまいますが、そうではありません。

イーサリアムクラシックなどアルゴリズム「Ethash(イーサッシュ)」を使用している他のコインを掘るという道が残されています。

「Ethash(イーサッシュ)」を使用しているコインは

  • Ellaism(ELLA)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • Metaverse(ETP)
  • Expanse(EXP)
  • Krypton(KR)
  • Musicoin(MUSIC)
  • Pirl(PIRL)
  • Shift(SHIFT)
  • Soilcoin(SOIL)
  • Ubiq(UBQ)

などがあるようです。詳しくないですけど。

1人1台しか買えないと思ったら

ツイッター上では「販売のアナウンスから1時間で完売」などのつぶやきが多かったですが、まだバッチ1売ってます。

アナウンスから24時間経ってもバッチ1が完売になっていないという事態。

このANTMINER E3の販売条件はこれまでのANTMINERシリーズと比較すると特殊です。

・ 中国国内で買えない

・ 1人1台の購入制限

と4月3日のツイッター上ではアナウンスされています。

ところが!

本日4月4日に確認したBITMAINのWEBサイトを見ると1人当たりの購入制限が5台に増えていました。

なんとも不安にさせてくれます。

ひょっとして売れ行きよくなくて焦ってる??

その不安をさらに煽る一文がありました。

バッチ1ではいかなる返金リクエストも受け付けないようです。

そこまで強調する真意はどこに!?

発送が7月で、それまでに環境がよろしくない方向に向かうのでしょうか?

私はとりあえず検討中

私は買うか買わないか検討中です。

というのも私の分析が大幅に間違っていなければ、とりあえず何かしらのコインは掘れてL3+並みの報酬は得られるかなと思っています。

あとBITMAINからクーポンを何枚かいただいていて、中には1枚400ドルのクーポンもあります。

クーポンの利用期限が今年の6月なので、使わなければ失効します。

まだ詳しく調べていませんが、そのクーポンが新製品にも利用できるのであれば実質半額になるので買っても良いかなと思っています。