NiceHash(ナイスハッシュ)がそろそろ復旧しそうです。

マイニングサービスのNiceHashがそろそろ復旧しそうです。

1週間ほど前からサイトは閉鎖状態、サービスも停止状態でした。

1週間前にNiceHashに何があったのかというと同社はサイバー攻撃に会い、保有保管しているビットコインを何者かに盗まれてしまいました。

マイニングプールサイトの「NiceHash」が、「セキュリティ侵害があった」として全ての業務をストップしている。サービス内で保管していたビットコインが盗難に遭った。

私もマイニングに参戦しようと考えており、NiceHashを利用しようと思っていたタイミングでのサイバー攻撃。

出遅れていて正解でした。

しばらくぶりにサイトが更新されていました。

引用元 nicehash.com 2017/12/13

日本人マイナーも多く利用するマイニングサービスなので、復旧は朗報です。

が、

復旧後のセキュリティ大丈夫なのか!?

という心配はあります。

メッセージを読むと「今後可能性のある攻撃へのセキュリティがハイレベルで強化された」そうです。

その部分に関して、私は支持派です。

私は「失敗を経験した人は是正後同じ失敗をしない」という考えを持っているので、おそらくNiceHashは同じ失敗はしないだろうと考えています。

まー「しばらくはね」って感じです。

何でも慣れてきたときが怖い。

気になるのは預けていたビットコインを盗まれたマイナーの方々への補償ですよね。

しょうがないですけど、そのあたりのメッセージがなんとも頼りない感じです。

「国際機関とともに犯人の特定、損失の補償に取り組んでいる」そうです。

国際機関てどこなのだろう??明記されていません。

広く情報提供も呼びかけていて有益な情報提供者にはビットコインでの懸賞金がもらえるそうです。

それって犯人の目処がたってないことですよね??

しかも懸賞金がビットコインて。

会社は少なからず保有しているビットコインがあるようです。

正直、マウントゴックスを思い出しちゃいます。

マウントゴックスの資産は最近のビットコインの値上りで負債額を上回りましたけどね。

11月末からのビットコイン急騰劇で思わぬ影響が出てきました。 先日のニュースで久々にマウントゴックスの名前を聞きましたよ。 ...

復旧しても利用するかはもう少し様子見することにします。